HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

心のケアをする上で大切なあいさつ

心のケアの観念といったものを考えた場合、とても大事になってくるのが、あいさつのようなちょっとした声掛けだと感じていて、日々あいさつをすることを意識して生活をしています。 一見、シンプル過ぎることのように感じるかもしれませんが、プライベートでも仕事でも、本当に良いあいさつができているか、と問われて、自信を持ってできていると答えられる人ばかりではないと感じています。 あいさつというのは、口にするだけで良いものではなく、気持ちがこもっていないと、相手を不快にさせてしまうこともあるものです。しかし、気持ちがこもると相手をホッとさせたり、喜ばせたりできるなど、心のケアには持って来いのものです。 自分は身近な存在として、帰ってきた家族に、おかえりなさい、おつかれさま、と気持ちをこめてあいさつをすることで、相手を癒したり、良好な関係を築くことを実践しています。

応援企業

能登豊和 弁護士は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 能登豊和 弁護士
住所 千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル322号室
電話番号 03-3525-4203
WEBサイト 能登豊和弁護士
会社案内 日本大学大学院法学研究科卒業後に受けた新司法試験で見事合格することができ、広島弁護士会にて弁護士登録を行う。 案件依頼者に、よりよいサービスの提供をすることが目標であり、豊和法律事務所を開設した目的でもある。 能登豊和弁護士は、広島の間所法律事務所に入所した後、渡部総合法律事務所に入所して勤務弁護士としての実績を積む。 迅速な事件処理により早期に問題が解決されたと感謝されることもあって、早期解決のために素早い対応をしてもらえる。 豊和法律事務所の所長を務めている能登豊和弁護士は、1973年12月5日に東京都荒川区で生まれ、同地で育ったO型の男性である。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。